石材分類=大理石, 写真横約=20cm

ジュラマーブル、ジュライエロー

Jura Marble Yellow

岩石名:石灰岩 limestone
産地:ドイツ・バイエルン地方
地質時代:中生代ジュラ紀
地質体:トロイヒトリンゲン層
Treuchtlingen Formation (c. 145 Ma)

利用例:丸ビル地下、オアゾ地下、赤坂サカス、名古屋ゲートウォーク、東桜会館、群馬県立館林美術館、東京国立博物館法隆寺宝物殿、京都国立博物館新館


「ジュラマーブル」は比較的安価であるためか、最近人気のある石材で、世界中の多くのショッピングモールで使われるようになっている。保存状態の良い化石を多く含んでおり、アンモナイトとベレムナイトが目立つ。特にベレムナイトは保存状態がよく、ダークブラウンで透明感がある。褐色のリング状あるいはV字型の斑模様は海綿の化石であり、当時海綿群集があったと思われる。さらに、ミリメートルサイズの白い斑点は有孔虫の化石である。浅海性生物の化石がないことから、暴風時の波浪限界(storm wave base)以深に堆積したと考えられる(50m程度)。


Reference;
Koch, R., Weiss, C. (2005) Field trip A: basin-platform transitions in Upper Jurassic limestones and dolomites of the northern Franco- nian Alb (Germany). Zitteliana B26, 43–56.
Mccann, T. (ed) 2008. The Geology of Central Europe. Volume 2: Mesozoic and Cenozoic.
Leinfelder, R.R. et al. (1996) Paleoecology, Growth Parameters and Dynamics of Coral, Sponge and Microbolite Reefs from the Late Jurassic. Gottinger Arb. Geol. Palaont. Sb2, 227-248.